月別アーカイブ: 2018年10月

赤本をメルカリで売るといくらぐらいで売れる?

大学受験で使った赤本を受験終了後に売りたいと考えている人も多いでしょう。
ブックオフや一部の古本屋さんでも赤本の買取りをしている店舗はありますが、
より高く売りたいならメルカリやヤフオクなどのオークションやフリマアプリがおすすめです。
今回はメルカリで赤本を売る場合の相場について紹介したいと思います。
メルカリで赤本がいくらで売れるのか?はメルカリで赤本の商品検索をすればわかります。
オークションなどでも同様ですが、注目するのは出品価格ではなく落札価格です。
出品価格はあくまでも販売者の希望額なので参考にはなりません。
すでに売れている赤本の価格を見ればいくらぐらいで売れるのか?がわかります。
メルカリで赤本の商品検索をして、「SOLD OUT」となっている価格が参考になります。
調べてみると、1000円以上で出品されている赤本が多いですが一切売れていません。
売れているのは500円~800円ぐらいの赤本ですね。
もう一つのポイントとしてそもそも赤本の本としての特徴を考えると、志望大学の赤本で
なければ購入者は現れないので売るまでに時間がかかるのは覚悟したほうがいいでしょう。
希望する志望大学の希望する年度の赤本があって初めて500円~800円で売れるわけです。
しかし、売る側の事情を考えると赤本のように重量が1kgを超える可能性があるので送料を
考えると売れたとしても実質は200円~300円ぐらいとなるでしょう。
そう考えるとメルカリで売るのと、赤本や専門書を専門に扱う買取り店でも大差はありません。
むしろ、「すぐに現金にできる」「簡単に売れる」ことを考えると普通にインターネットの
宅配買取りサービスに売ってしまったほうがいいかもしれませんね。

関連:赤本や参考書を主に取り扱っている宅配買取りサービス比較