プラセントレックスジェネリックと先発品の違いについて

プラセントレックスは、アンチエイジング効果が期待できるヒトプラセンタジェルです。
そんなプラセントレックスにはセンタサバジェルというジェネリックがあります。

ジェネリック薬に関しては日本でもお馴染みになってきましたが、
有効成分が同じ後発品です。

ですが、全ての成分が同じではありません。
効果とは関係のない部分で、飲みやすく改良されたりしているジェネリックもあります。

では、プラセントレックスとジェネリックのセンタサバでは何が違うのでしょうか?
利用者の口コミで最も多いのがジェルの“匂い”です。

プラセントレックスは「サムライ」という男性用香水のような香料が配合されています。
この匂いが好きな人は気にならないと思いますが、この匂いが結構強いので、
利用者の中には「ちょっと匂いが気になる・・・」という方も多いです。

プラセントレックスジェネリックのセンタサバジェルは、香料の配合量が少なくなっています。
なので、サムライのような匂いは抑えられていますが、その分ヒトプラセンタの生臭い
匂いが出てしまうので人によってはこちらの匂いのほうが耐え難いという方もいます。

プラセントレックスのジェネリックのセンタサバは、後発品なのでプラセントレックスよりも
値段は安いですがプラセントレックス自体が元々そんなに高い医薬品でもないので
値段の差は微々たるものです。

この匂いの違いをどう捉えるか?がどちらを購入するべきか迷った時の見極めになるでしょう。